Keepaの値決めの仕方