「製品コード申請」は新規出品のときに必ず必要な手続きになります。

 

※2021年春ごろから手続きが簡略化されました。

最後まで見ていただくとわかりますが、できているんだかできていないんだかよくわからない形で終わります。

5分もかからず終わるので、サクッと進めましょう。

 

 

そもそも、製品コード免除申請とは??

 

一言でお伝えすると、

「JANコードがない商品をAmazonに出品する際に事前に必要となる申請」です。

 

・・・。

 

少し、理解が難しいですよね。

 

※JANコードとは、コレです。

要するにバーコードですね。

下の番号が「JANコード」です。

 

Amazonでは、基本的に出品する商品は何でも出品ができます。

これは、メルカリと同じような感じです。

 

ただし、「Amazonのカタログに載っていない商品を新規登録(新規出品)するときには必ずJANコードを記載してね」というルールがあります。

 

新規出品の際にこれをひとつひとつ調べていたら、キリがありません。

中にはJANコードのない商品もたくさんありますよね。

 

そこで、「JANコードの記入を免除して!」という申請をできるのが「製品コード免除申請」なんですね。

 

だから、新規出品を取り組む前にこの手続きが必要になります。

 

製品コード免除申請」は『ブランド』と呼ばれる枠ごとに管理されます。

 

このブランドは、『ノーブランド品』で申請すると一番通りやすいです。

 

ですので、まずは『ノーブランド品』を申請していきましょう。

申請自体は全く難しくありませんのでご安心ください。

 

 

※一度申請が通れば、その後は製品コード免除申請をしなくてもJANコードなしで新規出品できるようになります。

 

それでは、「製品コード申請」を以下の通り進めていきましょう。

 

 

製品コード免除申請の方法

 

下記URLをクリックすると製品コード免除申請の画面に移動します。

↓↓↓

https://sellercentral-japan.amazon.com/productclassify?ref_=xx_catadd_dnav_xx

 

 

画面が開いたら、

「おもちゃ」→「その他」を選択してください。

 

次に、以下の4点を設定してください。

 

・商品名:商品名なし
・ブラウズノード:おもちゃ
・ブランド名のチェックボックスは入れない
・「ノーブランド品」で入力

 

 

「次へ」ボタンを押すと以下の画面が表示されます。

 

 

これで申請は完了です。

新規出品を進めていきましょう!